ブライスde一言 2

ハンドメイドだったり、ブライスだったり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は今年最終の更新です♪
なので、ちょっと長くなりますが、お付き合い下さい♪

いよいよ、キルティングに入ります~
ちょっと進んでますが、大事なのは、中央から外に向けて
キルティングをしていくことです。
ここが縫いたいといって、端っこから縫ったり絶対しないこと!

キルト糸は、今回私の好きな、ゴールドを使います。
キルトトップにあわせて色を選びますが、ゴールドは
わりと何でも合いますし、豪華です(^^)
1
キルティングする時、フープというのを使います。
刺繍枠の大きいのみたいなのです。
k 2
あまりピンピンに張ると縫いにくいので、手で押さえて
下に付くくらい、かな?
このへんの加減が、その人特有のキルトになるのかも?
k 3
裏地まで届くように、直角に針を刺して
k$
すくい上げます
k5
3回くらい繰り返して、糸をひっぱります
k6
写真が見にくいですが、運針です♪
1cmに3個くらいの縫い目を目安にします。
縫い目がちょっと小さい方が綺麗に見えますヨ♪

キルトラインに沿って、この作業をず~~~とやります。
出来るだけ一筆書きのように、糸を切らずに。
なので、キルトの中は、いっぱい糸が通ってます♪

k 7

キルトは裏に、糸玉が出てません。
どうするかというと、糸玉を中に引っ張り込むのです。
慣れればカンタンです。
まず縫い始め、小さい糸玉を作ったら、縫い始めより少し
離れたところに針入れ、(写真では出してますが、引っ込めます(^^ゞ)
縫い始め1
針を中に通して、縫い始めの位置に出します。
縫い始め2
そっと引っ張りますと、ポンと糸玉がキルトの中に入りますんで^^;
縫い始め3
縫い終わりは、糸が短くなった時か、キルトラインが途切れた時。
糸玉を作らず、キルトの中に針をゴニョゴニョと通すやり方が
一般的なのかな?私は、根元で小さい糸玉を作って、同じ位置に
針を入れ込んで、離れたところに針を出して引張り、糸玉を
中に入れ込みます。
ややこしいので、これは基本中の基本なので、初歩のパッチワーク本
にも載っていると思います。
縫い終わり1
縫い終わり2


キルトの道具、これを書きましょうか☆彡
針、糸、糸きりハサミ、ゆびぬき。最近お世話に成りだした
糸と通し器^^;
キルト針は、できるだけ細くって短いのを選びましょう。
針は私はlittle houseというメーカーのnewキルト針NO. 10を
使ってます。長さ2.58cmで、NO.12より少し長いですが
目も悪くって、手の大きい私にはちょうどです。
この針で、なんでも縫いますよー。
いくら気に入っても、針は買い込まないように!
長く置くと劣化して、縫えなくなるみたい。
無くなったら買います。新鮮な針がいいですよ☆
パッチワークのピーシング(縫い合わせ)、アップリケ、
ブライスOFのボタン付けも~
糸切りハサミ、これも大事!よく切れるのにしましょう~
アップリケの中くりぬきにも使えるカーブがついたの使ってます。
道具1
糸は、キルターには定番のDual Duty(デュアルデューティー)
とモンリッキーを、使ってます。
糸は輸入のものなど、面白いのがあれば使ってみたく
なります。
キルティング用はDual Dutyの大きい方。縫いやすいです♪
あとの3つは、アップリケなどに使います。
安物の糸は絶対縫いにくいから、使ってはダメ~
道具2


道具3
道具4
糸も、まとめて買うと、家にどれがあるのかわからなくなって
同じのが増えるから、無くなったら買うくらいでいいと思います。

キルトは、道具から入るより、必要になったら、買い足すで
いいのです~

あと、最初に出てきたフープですが、直径45cmと30cmが
あれば充分でしょう。
半円のは端用、と売っていたので、買ってみたのですが
見事失敗でした。私には使いにくいです。
道具6

大判キルトを縫う時、キルトスタンドがあればいいですね。
一応持ってますが、今は使ってません。
はっきり言って、邪魔です。
このええかっこうしいの写真は、以前のIDでキルト出品してた
時の画像です。
道具5

最短時間でキルトを作ろうと前回書きましたが、縫う時間を
短くするのではありません。
キルトトップ、キルトラインと、膨大な時間がかかるキルティングの
前の段取りを、キチンをしていれば、途中でダレることなく
イッキに縫えるのです。
「神が降りてきたようだ」的なこと、キルトを作るたびに
起きるくらいにしたいです。

ではでは、長くなりました。
次回は来年になります。
よいお年をお迎え下さい(*^。^*)
スポンサーサイト
*前回までのキルトを作ろう♪
 綺麗な一枚布に、オリジナルのキルトラインの型を
 作り、キルトラインを描き込んでいきました。

ということで、、キルトラインが入れられたので、
キルティングするためのセッティングをしていきます。

キルトラインを入れた布(キルトトップ)と裏地は
アイロンをかける。これが最後のアイロンかけなので
きっちりしわを取ります。でも、ま、あまり神経質に
ならなくていいです。どうせキルティングするから。

まず、裏地の表側を下にして、シワが寄らないように
平らのところに広げます。
和室があれば周囲に押しピンをさして、固定します。
フローリングなら、セロテープで止めます。
裏地

その上から、キルト芯を乗せます。
キルト芯
キルト芯にも裏表があります。
ほわほわの方を上にします。(なんてアバウトな表現^^;)

そして、その上から、キルトトップを乗せます。
シワに気をつけて!
トップ

裏地やキルト芯は、キルトトップよりやや大きめにしておきます。
小さいときは、どちらも縫い合わせても大丈夫~

で、ここまでできたら、3枚をしっかり固定させるために
しつけ縫いをします。
ので、普通、マチ針などで、3枚を止めますが、
私は、安全ピンを使います。指も刺さないから、便利です。
しつけ前

安全ピン(マチ針)を止めるときは、必ず真ん中から
放射線に広げて止めていきます。
全体に止められたら、普通は、しつけ縫いに進みます。
(縫い目は粗く、5cmくらいでいい)
真ん中から放射線に縫って、この大きさ(およそ100センチ四方)
なら、15cm~10cm間隔の格子に。
とっても邪魔くさいでしょー??
なので、私は、しつけ縫いをせず、安全ピンを止めた状態で
ダイレクトに、キルティングします。
ものすごい邪道です。わかっています。
キルティングに慣れてない方は絶対マネしない方がいいです。
ただし、もし、ベットカバーサイズなら、私もしつけ縫いしますんで^^;

そうそう、キルト芯ですが、これは、ちゃんとしたモノを
選びましょう。
薄いドミット芯や、安いのは、粗悪なんでやめておきましょう。
私はバイリーンのKSP-120という中くらいの
厚さが縫いやすいです。
あと、糊がついてて、アイロンで裏地と引っ付けられるの、
あれも絶対ダメー!糊がポロポロ落ちて、キルティング中
不快で、ストレス溜まります。

今日は、ここまで。今年中に、またアップします。
またウンチクたれさせてくださいませ^^;
少し、日にちが経ってしまいました^^;
前回、キルトラインを入れるための型紙を作りました。
これをつかって、布にライン入れします♪
ラインはとにかく薄めに。。
今回使う生地は鉛筆ラインが写りやすいのでいいです。
濃い色には黄色鉛筆を使います。

まず、生地の柄のワンブロックに型紙をあてます。
ずれないように、マチ針などでしるしをつけて。。
キルトライン1
ま、何も考えず、型通りに。。

描き終わったら、ずらしていきます。
キルトライン2
鉛筆、薄いから、ラインが描けてるのわかるかな^^;

柄のブロックは、こうして全部ラインを描きますが
柄の間の空白、ここはどうしよー
キルトライン3
だいたい幅3.5cmほどあるので・・・
キルトライン4
こんな3.5cm幅の長く切った厚紙で、柄部分を囲っていきましょか。
この部分、何描こう??
キルトライン5

キルトライン7
こんな感じか?
キルトライン8
線を格子に入れてみよっと。
格子は1cmのピッチで。細かく入れた方が見栄えする。。
キルトライン9

と、こういう感じで、全体に細かくキルトラインを入れていきます。
正直、私はこの作業がキライ。面白くない。でも重要☆
手抜きしないで、びしーーと入れる。
これさえ終われば、針を持って縫える。。


このキルトは一枚布だから、とても楽チン♪
パッチワークの一番大切なのは、色あわせだから。。
配色がむちゃくちゃだと、ぜんっぜんいいのが仕上がりません。
ただ、好きな生地を繋ぎ合わせるだけではいけないのです。
これで決まったっと思っても、遠くから離れて見て確認しましょう。
それでも、キルトトップが出来上がっても、どうしても
気に入らなかったら、縫い直すことよくあります。
日本製とUSAコットンをあまりまぜこぜすると、変な色になるから注意。
あと、メーカー一緒の集めるといい。
配色が苦手なら、パターンによって、色の濃さの%が
決まっているのもあるから、そういうのをやって力をつけるのです。
一番カンタンなのは、ログキャビン。
あと、カレイドスコープ、海の嵐、などです。
またパターンなどは、サンプラーキルトを引っ張り出して
説明しましょう~
次はしつけ作業です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。