ブライスde一言 2

ハンドメイドだったり、ブライスだったり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は今年最終の更新です♪
なので、ちょっと長くなりますが、お付き合い下さい♪

いよいよ、キルティングに入ります~
ちょっと進んでますが、大事なのは、中央から外に向けて
キルティングをしていくことです。
ここが縫いたいといって、端っこから縫ったり絶対しないこと!

キルト糸は、今回私の好きな、ゴールドを使います。
キルトトップにあわせて色を選びますが、ゴールドは
わりと何でも合いますし、豪華です(^^)
1
キルティングする時、フープというのを使います。
刺繍枠の大きいのみたいなのです。
k 2
あまりピンピンに張ると縫いにくいので、手で押さえて
下に付くくらい、かな?
このへんの加減が、その人特有のキルトになるのかも?
k 3
裏地まで届くように、直角に針を刺して
k$
すくい上げます
k5
3回くらい繰り返して、糸をひっぱります
k6
写真が見にくいですが、運針です♪
1cmに3個くらいの縫い目を目安にします。
縫い目がちょっと小さい方が綺麗に見えますヨ♪

キルトラインに沿って、この作業をず~~~とやります。
出来るだけ一筆書きのように、糸を切らずに。
なので、キルトの中は、いっぱい糸が通ってます♪

k 7

キルトは裏に、糸玉が出てません。
どうするかというと、糸玉を中に引っ張り込むのです。
慣れればカンタンです。
まず縫い始め、小さい糸玉を作ったら、縫い始めより少し
離れたところに針入れ、(写真では出してますが、引っ込めます(^^ゞ)
縫い始め1
針を中に通して、縫い始めの位置に出します。
縫い始め2
そっと引っ張りますと、ポンと糸玉がキルトの中に入りますんで^^;
縫い始め3
縫い終わりは、糸が短くなった時か、キルトラインが途切れた時。
糸玉を作らず、キルトの中に針をゴニョゴニョと通すやり方が
一般的なのかな?私は、根元で小さい糸玉を作って、同じ位置に
針を入れ込んで、離れたところに針を出して引張り、糸玉を
中に入れ込みます。
ややこしいので、これは基本中の基本なので、初歩のパッチワーク本
にも載っていると思います。
縫い終わり1
縫い終わり2


キルトの道具、これを書きましょうか☆彡
針、糸、糸きりハサミ、ゆびぬき。最近お世話に成りだした
糸と通し器^^;
キルト針は、できるだけ細くって短いのを選びましょう。
針は私はlittle houseというメーカーのnewキルト針NO. 10を
使ってます。長さ2.58cmで、NO.12より少し長いですが
目も悪くって、手の大きい私にはちょうどです。
この針で、なんでも縫いますよー。
いくら気に入っても、針は買い込まないように!
長く置くと劣化して、縫えなくなるみたい。
無くなったら買います。新鮮な針がいいですよ☆
パッチワークのピーシング(縫い合わせ)、アップリケ、
ブライスOFのボタン付けも~
糸切りハサミ、これも大事!よく切れるのにしましょう~
アップリケの中くりぬきにも使えるカーブがついたの使ってます。
道具1
糸は、キルターには定番のDual Duty(デュアルデューティー)
とモンリッキーを、使ってます。
糸は輸入のものなど、面白いのがあれば使ってみたく
なります。
キルティング用はDual Dutyの大きい方。縫いやすいです♪
あとの3つは、アップリケなどに使います。
安物の糸は絶対縫いにくいから、使ってはダメ~
道具2


道具3
道具4
糸も、まとめて買うと、家にどれがあるのかわからなくなって
同じのが増えるから、無くなったら買うくらいでいいと思います。

キルトは、道具から入るより、必要になったら、買い足すで
いいのです~

あと、最初に出てきたフープですが、直径45cmと30cmが
あれば充分でしょう。
半円のは端用、と売っていたので、買ってみたのですが
見事失敗でした。私には使いにくいです。
道具6

大判キルトを縫う時、キルトスタンドがあればいいですね。
一応持ってますが、今は使ってません。
はっきり言って、邪魔です。
このええかっこうしいの写真は、以前のIDでキルト出品してた
時の画像です。
道具5

最短時間でキルトを作ろうと前回書きましたが、縫う時間を
短くするのではありません。
キルトトップ、キルトラインと、膨大な時間がかかるキルティングの
前の段取りを、キチンをしていれば、途中でダレることなく
イッキに縫えるのです。
「神が降りてきたようだ」的なこと、キルトを作るたびに
起きるくらいにしたいです。

ではでは、長くなりました。
次回は来年になります。
よいお年をお迎え下さい(*^。^*)
スポンサーサイト
コメント

見ながら…唸った(笑)
スゴイよ…ヤッパリ…プロ仕事って感じする♪

神が降りて来る
そんな時が、一度ならずと…ある訳でしょ?
そういう体験って…一度でもあると、作る事を止められなくなるよね!

何か解るわ~やっぱり巫女体質かも(汗)

あ~ん…コッチも今年最後か…来年も楽しませてくだされにょ♪
2008/12/30(火) 22:40:23 | URL | みみこ #rpdUUK16[ 編集]

みみこさん~(^O^)/
いつもご覧頂いて、ヤル気が出ます~!(^^)!
なかなか簡潔にまとめられなくって、
改めて、キルト本ってわかりやすく
書かれてるんだなあーと思います・・
私なんて、まだまだです^^;

巫女体質。。そうそう、後日、結構言われまして、
今後「なんちゃって巫女さん」になろうかと^^;
巫女さんに、こんなオッサンみたいな手の
人いないでしょうけど(-_-;)

キルティングの半ばまでは、わりとのんびり
テレビなんか見ながら縫うのですが、
後半に、一回スイッチが入ると、テレビなんて
ウルセー、無音の中で狂ったように
縫いまくる、、そんな感じです。
神が降りてくるというか、とりつかれた状態??
神の時は、いいものが出来る、、
  のでしょう。。
そだそだ。。
たった一人で、ちくちくやってるよう
ですが、たいていの人が家族いますよね。
この家族っていうのがクセものでして。。
キルトを縫ってる横で、カレーうどんなんか
すすられたら、とび蹴りしないといけません。
やっぱキルトは体力勝負です!

来年もどうぞよろしくお願いいたします!
2008/12/31(水) 00:23:57 | URL | メリーさんの羊 #-[ 編集]

うっわー
ご無沙汰してる間にキルティングにはいってるよ~

さかのぼって、読んできました。
教室にいってるみたいです^^
ペーパーセメントとか知らない道具がでてきて、すごい勉強になります。

ここまでの工程をすっとばして、チクチクだけしたいなー

楽しみだね~~

今年もよろしくお願いしまーーす。
2009/01/06(火) 17:44:02 | URL | ねこりん #Uh2zeQqs[ 編集]

ねこりんさん~(^O^)/
私の方こそ、今年もどうぞよろしくお願い
いたします(*^。^*)
ご覧頂いて嬉しいです♪

ペーパーセメントは、ピースの型作りに
使ったりと便利です♪
糊とは違うのを体験してみて下さい~!

しかし、、ねこりんさん!
私も同意見ですヨ☆彡
いつも、キルティングまでの工程、すっとばしたい^^;
色あわせの段階から、そう思いますもん。。
邪魔くさい作業は全て、キルティングを
楽しくするため我慢我慢、なんですよね・・

のんびり作ってますから、なかなか更新できなくって^^;
でも、完成まで頑張りまーす!
2009/01/06(火) 19:39:00 | URL | メリーさんの羊 #-[ 編集]

まず驚いたのが、『あれっ……手で縫うの!?』
次に、『針に鮮度があるの!?』
でした! キルトは、通りすがりに、遠目に、しか実物をみたことがなかったので、ずっとミシンの仕事だと思ってたんですね。お恥ずかしい~(*ノωノ)

やはり道具の話は面白いです(笑
指ぬきは、いいですね! 頭皮に植毛するときいいんじゃないかな~と思いました。あれは指先が痛くなります。タコになりますもん。。。

神が降りてくる感覚は、わたしも知っているような気がします。長居してくれないのがタマにキズかと(笑
前回、メリー羊さんに頂戴したコメントが、なんかすごく嬉しかったです。わたしは人様の作品の影響を受けやすいので、最近はオリジナリティというか『らしさ』を求めて、あまり他所を覗かない事にしているのですが、なんというか、目からウロコがボロボロッと! お話聞けてよかったーー。今は視界がぱーっと開けてます。
イメージ(=妄想)を具現化する力、みたいな……降臨的な……なんかうまく言えないけど、わかります。実感あります。

そんなこんなで、ことしもよろしくおねがいしまーす♪
2009/01/07(水) 09:22:16 | URL | ゑわ #XMatgrFs[ 編集]

ゑわさん~(*^。^*)
こんにちわー♪
私の返事、そんなおっしゃっていただけて、嬉しいです(*^。^*)
イメージしたとおりに作れたときって、
「自分って天才ちゃうやろか?」なんて
思ったりして^^;そこまで感動しますもん!
そういう時、きっと神が降りてきてるんでしょうね!
ブライスの服を作るとき、頭の中にいつもあるのは
「丁寧に、丁寧に。。」です。
私は完璧主義でないし、それにせっかちだから、
自分で唱えないといけないのです^^;
ゑわさんの服作りを拝見してると、いつも完璧さを
求められてるんだなあ、見習わないと!と
思ってます!

それに比べて、キルトは基本さえわかっていたら、
結構大雑把でも大丈夫!だから、楽しく作れます♪
キルトっていろんな手法がありますので、もちろん
ミシンキルトっていうのもあります♪
それには専門のミシンが要るし、結構ムツカシイようです。
失敗した時、ほどくのも大変そう^^;
手縫いのキルティングは、テレビを観ながら、、
そしてふと妄想なんかしながら
ちくちくできるのがいいです(^_^)

新しい針って使う時、なんだかワクワクしませんか☆彡
出品キルトではやりませんが、もし、古くなって
針通りが悪くなった時、髪の毛に入れてこすると
滑りがぐっと良くなります。これって、おばあちゃんの針仕事の
様子で出てきますよね♪
ちなみに市販の針磨きより、髪の毛の方が効果大です!
針もゆびぬきも、自分の手となるものですから、
合ったものが一番です(*^。^*)
それでも、長時間の針仕事で、指が腫れあがることがあります。
この対処法、たいしたことはしてませんが、
次の更新の時にと思ってます(^^)


私の方こそ、そんなこんなで。。
今年もどうぞよろしくお願いいたしますヽ(^。^)ノ
2009/01/07(水) 11:46:14 | URL | メリーさんの羊 #-[ 編集]

「キルトを作ろう」はとても解りやすいですね。
誰でもできそう・・・けど絶対にできなさそうです。
コツコツ物作りをしている姿が目に浮かびます。
そして出来た作品に多くの人が感動するのでしょうね。
これからも素晴らしい作品を楽しみにしています。
2009/01/11(日) 13:41:42 | URL | 通行人 #-[ 編集]

通行人さんへ

コメントを頂いて、ほんとうにありがとうございます。

キルトのことを順を追って書いてみると、
自分のこだわってたことが、いろいろ出てきて
面白く縫い進められています。
部屋に飾っていた懐かしいキルトも出しながら、
アップしていきたいと思っています。

コメント嬉しくって、何度も読んでます。
完成するまで、頑張ります。
2009/01/11(日) 18:18:31 | URL | メリーさんの羊 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://marysannno.blog112.fc2.com/tb.php/71-8bbc2f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。